EOS M6 Mark IIの連写の持続性

最高約14コマ/秒連写の持続性をテストした動画。SDメモリカードには容量64GBのUHS-IIカード(サンディスク エクストリーム プロ SD UHS-IIカード、書き込み最大260GB/秒)を使用している。最初はJPEG(ラージ/ファイン)に設定し、2秒程度の間をあけながら1~2秒の連写を4回続けて行った。シーンや被写体にもよるが少し間を取りながらのJPEG連写であれば、それほどストレスを感じることなく撮影を続けられる印象。その後連写が詰まるまで動作させてからメニュー画面を開いてJPEG+C-RAWに設定を変更し、いったんビジー状態を挟んで、また同じように2秒程度の間をあけながら1~2秒の連写を続けて行っている。さすがにRAWが加わると持続性は落ち、少し時間を空けても1~2秒の連写を2~3回行うと連写が詰まるようになる。

■記事詳細はこちら
有効約3250万画素センサーを搭載! キヤノン「EOS M6 Mark II」速攻使用レポート

https://kakakumag.com/camera/?id=14451

■気になる製品をユーザー目線で徹底紹介
・価格.comマガジン
https://kakakumag.com/
・価格.comマガジン 動画レビュー
https://kakakumag.com/movie/
・Twitter
https://twitter.com/kakakumag
[email protected]
https://line.me/R/ti/p/%40kakakumag

Post Author: CoinCryptoNews