【ブロックチェーン/仮想通貨】Lisk(リスク)の解説

ブロックチェーンおよび仮想通貨であるLisk(リスク)について、基本的な解説をしました。

Liskとは、分散型アプリケーション(DApps)を構築するためのプラットフォームで、2016年5月に誕生しました。
分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自律的に動くアプリケーションのことです。

また、契約の内容とそれを実行するための条件をあらかじめプログラムしておけば、条件が整ったタイミングで自動的に契約が実行される「スマートコントラクト」の機能を実装しており、各種の契約をよりシンプルに行うことができます。
スマートコントラクトを記述する言語として、JavaScriptを採用しています。
JavaScriptはすでにWebの世界ではメジャーなプログラミング言語であり、扱えるエンジニアは世界中に数多く存在しますので、開発者を集めやすい利点もあります。

それに加え、Liskではメインチェーンのほかにサイドチェーンを実装しており、スケーラビリティの向上やセキュリティの強化に長けています。
サイドチェーンがあることにより、新たな機能を実装したり、改善を施したりする際に、メインチェーンに手をつけずに行えるというメリットもあります。

この機会にぜひ、基本的な知識を学んでみてください。

SNSもゆるく更新していますので、ご覧頂けると幸いです。

★ Twitter フォロミー!
https://twitter.com/02takCoah05

#Lisk #リスク #仮想通貨 #ブロックチェーン

Post Author: CoinCryptoNews